ゴーンがやってるからお前もやれの迷

プロジェクトが一段落して時間にゆとりが出てきましたので。ADPの開発に戻りたい面もあるが残念ながらそれほどヒマではない。しかし、このままだらだらするのも惜しい気がする。かと言って、英語ばかりやるのもそろそろ飽きてきた。
とまぁ何をしようかと悩んでいたら、例の極言暴論に新しい記事が出てた。どうやら週1でアップしているらしい、ということでしばらく極言暴論をウオッチすることにする。

 新しい記事を読みましたが、メディアというのはつくづくいい加減ということを実感した。例えばこの記事を真に受けてシステム部の人がマルチベンダーを止めて失敗しても筆者は責任を取らないだろう。それどころか別の記事のように批判されるだけである。とまぁ、1年半たっているとはいえ正反対の論調の記事をなんのフォローもなく掲載している。
これで『アホ』と煽られても、

わかったわかった。よかったね。

と言うしかない。そしてその記事に同調する人をみるとまったくもって嫌になる。

 この手の話は単純に論じることができないし、『ゴーンがやっているからお前もやれ』という小学生のような理論を振りかざされても全くもって困惑するばかりである。マルチベンダー・価格交渉等のキーワードを考えても実際に価格交渉の現場に遭遇した者としては一言でかたずけられないという思いがある。というわけで私は今までこういう話で一般論を語ってもあまりにもふわっとしすぎて参考にはならないと考えていました。
しかし、だからと言って外野の無責任な発言を放置し、それを真に受けた被害者が出るのも見るに忍びないのでコメントする次第です。
もちろんこの手の記事は、私の記事も含めて、解釈は読み手の自己責任になりますが、まったく検証のない煽り記事を鵜呑みにするよりも、反論にも目をとおして検討した方がより建設的でしょう。

 さてこの極言暴論ですが、ユーザ企業の担当者に槍玉に挙げているが、どうもユーザ企業の担当者を責めることが最近のトレンドになっているようです。
 もっとも、デフレスパイラス真っ只中で頑張っている経営者の方は、営業部門が必死で稼いでる中で、我関せずとばかりに安穏としているIT部門の担当者をみて『アホ』とか言いたくなるかもしれません。
だからと言って、 ベンダーロックインを怖がり、マルチベンダー体制を維持する愚 のような記事を真に受けて、まともに『ベンダーを絞って単金を下げさせろ!』と指示を出しても、良くてその指示をなかったことにされて、下手をすれば却って高くつくようになるおそれがある。その話を当の記事の本人が別の記事 窮余のフルアウトソーシングは禍根残す でしていました。
ロックインの恐ろしさはまさにこの禍根を残す記事にあるとおりです。

 IT関連のリストラで重要なことは人材の見極めかと思われます。IT関連の人材は個々の能力のばらつきが大きいことです。ある意味では営業マンと同じかもしれません。数字が取れる営業マンもいれば、給与泥棒になっている営業マンもいるでしょう。そして給与泥棒の営業マンの首を切れば、売上はそのままでコストを削減することができます。
IT関連の人材も同じようなことが言えます。黙々とシステムを作る人もいれば、一見いいことをいうが実は他人の足を引っ張ているという人もいます。そしてそういう人を切れば成果はそのままにコストを削減することができます。
もっともその人材の見極めが難しいから、ベンダー間で競争させたりする訳ですが、まぁ、私の半径3メートル以内の経験でもみなさん苦労しながらもなんとかやっているようです。
2015-01-17 | コメント:0件



優秀なエンジニア

 すっかり年もあけて今更ですが、あけましておめでとうございます。
本当なら、『今週の英語勉強(1/11)』をアップするところですが、一昨年から続いた仕事がやっとひと段落し、あとは残務作業のみとなったので、久方ぶりに味わった達成感が半端なく何もやる気が起こらないので、この3連休は呆けて過ごすことになりそうです。
という訳で某知人から『英語以外のネタも書け』と言われているので最近読んだ記事の感想でも。

解雇が容易になれば、IT部門とIT業界の問題は片付く

極言暴論ということなので一個人の意見と思えばいいのだが、あまりにも疑問が多い記事で、しかもこういう記事を読んで納得する人がいるようで、年明けそうそう、やはり日本は衰退にむかっているということを思い知らされた。

具体的な突っ込みはメカAGさんがソフト開発でやっておられていますのであまり同じことを書くのもなんなのですがコメントします。

この方ですが、以前にもIT部門が没落すればIT業界の大概の問題は片付くで、
あと数年でIT業界の問題があらかた解決してしまうのではないかと楽観している。なぜなら、IT業界に人月商売と多重下請け構造を生み出した“諸悪の根源”である発注元、つまりユーザー企業が大きく変わるからだ。
と主張されています。この記事の掲載が2014年8月なのでそこから数年なので、例えば2020年頃にどうなっているか確認してみたいです。

もっともこの方、舌の根も乾かない3か月後の記事、木村の主張「人月商売や多重下請けは滅びの道」、読者はどう考えるかでは、
結局のところ、「IT業界を変えよう」などと大上段に構えたところで、人月商売や多重下請け構造は変わらない。それよりも、個々のITベンダーや技術者が自分たちの仕事をより良きものにしようとして動いたほうが、はるかに生産的だ。そして、その結果としてIT業界を良い方向に変えるのではないだろうか。読者の意見を精読して、つくづくそう感じた。
前の記事では、『あと数年でIT業界の問題があらかた解決してしまうのではないかと楽観している』言っておきながら、『結局のところ、「IT業界を変えよう」などと大上段に構えたところで、人月商売や多重下請け構造は変わらない。』とまぁ、メディアの方というのはつくづくいい加減な仕事をするんだと思わざるを得ない。

ちょうど私はこの頃、ユーザ部門の方からプレッシャーを受けながら、日々のスケジュールを考え、自分のノルマを実行し、バグが出ればきちんと原因を究明し、使えないメンバーが居れば叱咤激励しながら仕事をしていたが、とりあえず

ITエンジニアがこんないい加減な仕事をすれば直ぐにユーザ部門の担当者からつるし上げを受ける

ということは声を大にしていいたい。

というかこんないい加減な外野に心配してもらうほとIT業界は落ちぶれていないと業界人として言っておこう。

とまぁだいぶ息巻いてしまいましたが、元の主張(解雇が容易になれば、IT部門とIT業界の問題は片付く)に対してですが、解雇が容易になれば、優秀なエンジニアであればあるほど、フリーランスとして働くか、働いたとしても雇い主が考えるようにうまくいかないでしょう。
なぜか、安定がないのなら正社員になるインセンティブが働かないからで、終身雇用の起源をみてもそうだと解る。
例えば、来年自分が首になると予測できれば、プロジェクトが完了する前でも、次のプロジェクトが見つかればとっとと転職するエンジニアも出てくるでしょう。そうなると自社でプロジェクトをマネージメントしリスクを抱え込むよりアウトソース(外注)した方がリスクが少ないことに気づく。あとはコストとリスクの問題になるが、今の日本企業はリスクが負担できなくなってきているので、結局、外注に落ち着くのではと思う。
その他、半径3メートルの例では、昔ベンチャー企業に勤めたとき、社長がエンジニアのコントロールができなくなり会社が回らなくなった経験がある。おもに私の上司にあたるエンジニアと社長がもめたのだが、私は早々にその会社を辞めたが、どちらが悪いか判断できない面もあるが、私はエンジニアというものはコントロールが難しいとその時つくづく思った。

最後に優秀なエンジニアついて一つコメントします。
 IT業界の場合、エンジニアが考える優秀なエンジニアと発注者側が考える優秀なエンジニアの間にギャップが存在することをよく見かけます。言葉を変えますと、エンジニアの自己評価と顧客の評価との間にギャップが往々にしてあります。エンジニアの方は『私は充分仕事をしている』と思っているかもしれないが、顧客にしてみれば『もっと仕事をしてほしい』と思っていたりします。
このギャップについてどちらが正しいのかは、一概に言えませんし、『どこまで働いたらOKか?』という基準がないのも事実です。実はこのことが顧客とエンジニアの間に摩擦を生んでいたりします。
 ちなみに私はこの問題に対してどのように解決しているかというと、他の人よりも仕事を多くこなすことで自分の優秀さをアピールします。つまり、Aさんなら3日かかる仕事を私なら1日で終わるというふうにしています。
 つまりエンジニアの間でも競争原理が働いており、顧客から見た順位を少しでも上げればよいということになる。ちなみに15年程前はそんな競争はあまり重要ではなかったかと思う。技術力というより政治力(営業力)の方が重要であったかと思う。ので『エンジニア間の競争』と言われてもピンと来ない人も多いかと思う。
2015-01-11 | コメント:0件



STAP and Sleep

去年あたりから忙しくなり、我が人生で4回目の炎上プロジェクトを絶賛体験中のところですっかり更新がご無沙汰になりましたが、少し余裕が出てきたところへ考えさせられるニュースが入ってきたので書いてみます。ちなみに、こういうニュースを聞くたびに、日本は衰退に向かっている、と感じてしまします。がそれは私だけでしょうか?

STAP細胞のニュースについて、経緯をざっくり説明しますと、iPS細胞に似た性質を持つSTAP細胞(STAP幹細胞)を理化学研究所の小保方氏らが作成に成功したと科学雑誌ネーチャーに1月30日に発表したのですが、その後、相次いで論文に対して疑義が出され理研が調査を行うことになりましたが、その後も色々な疑惑が出てきて、共同研究者の若山教授が撤回を呼びかけ、昨日(3月14日)に理化学研究所が中間報告を行いました。

同時に会見もありまして、その内容の一部が以下から見られます。

STAP細胞:会見(1)「論文の作成の過程に重大な過誤」野依理事長
STAP細胞:会見(2)「論文としてもはや存在すべきではない」竹市センター長

『論文の取り下げを視野に入れて検討する』というらしいですが、どこかのブログとは違って、論文の取り下げというのは研究を白紙にするということで大変不名誉なことで、それだけのことが論文の執筆過程で行われたということのようです。
まだ中間発表なので『STAP細胞は存在するのか?』とか『論文は捏造なのか?』といったことは今後の調査を待つことになりますが、インタビューで気になったのは責任者が他人事と受け取れるような発言をしたことにあります。

STAP論文:「切り張りダメとは…」小保方さん謝罪によりますと、事件に対して

『似たようなことが起こっているのであれば、時代のなせる業、カルチャーが変わったなと非常に心配している』

と発言されたのですが、仮にもマネジメント側の人間の発言としては、疑問を持たざるを得ないです。
世の中、信じられないことをする人は昔からいます。私の半径3メール以内の経験では、約15年ほど前になりますが当時の上司が顧客とのミーティング中に居眠りをしてました。
当時プロジェクトリーダーであった私はそれが理解不能で上司の足を蹴って起こし、ミーティングが終わってから叱責し、その後、続けて居眠りしたので、上の上司に話してプロジェクトから追い出しました。
もちろん、ここまでする必要はないかもしれませんが、人の上に立つ者としてはカルチャーのせいにしないで、きちんと対応をとるべきでしょう。というかこのような事態になった時点で『教育を徹底する』とかではなくまずはご自身の監督不行き届きを反省すべきだと思ってしまいます。そんなことだから、こういった声に耳を貸せないのか?と疑問に思ってしまいます。
実は、STAP細胞は存在しないと主張されている人が理研内部にいらっしゃるようです。ブログによるときちんと報告したにも関わらず政治的な力によりもみ消されたようです。もちろん私は専門家ではないので真偽を判断することはできませんが、理研にはこのブログの真偽に対してコメントしてほしいものです。

とかなり息巻いてコメントしましたが、まぁ歳をとると人は丸くなっていくもので、私の半径3メールの経験では、私自身が今となっては客先で居眠りしている人をみたとしても何とも思わなくなり、せいぜい飲み会のネタにするぐらいとなってしまったので、あまり人のことは言えないかもしれません。もっとも『居眠りできて天国です。』とか言われるとプロジェクトから追い出すかもしれません。

いずれにしても人の上に立つ人はきちんと人を見る目を養わないとダメということを思い知らされた事件です。
2014-03-15 | コメント:0件



目力

さらにネタがなくなってきたのですが、以前撮った写真から

みみですが、餌をねだる時の目力が半端ないです。


食べ過ぎなのでダイエットをしないとダメなのですが、粘ること10分、結局おかわりにありつけました。


ちなみに、間違えてフラッシュをたいてこんなんがとれました。目力強し!
2013-09-24 | コメント:0件



ネコの矜持

だんだんネタがなくなってきたのですが、以前撮った写真から

みみですが、ネコとしての誇りは何処へやら、大胆な姿で寝ています。


ちなみに拾って来た時はこんなんでした。
2013-09-16 | コメント:0件
Previous Page | Next Page