オブジェクト指向再考(メッセージ4、メソッドと関数3)


今月も月末に向かって地味に忙しくなって更新が遅れてしまいました・・・。

 前回と前々回に分けてダブルディスパッチについて説明しました。前回の繰り返しになりますが、この考えをさらに進めると複数のオブジェクトに対してポリモーフィズムを効かせればどうなるか?という話になります。一般化ですね。もっとも残念ながら、3つ以上のオブジェクトに対してポリモーフィズムを効かせる具体例が思いつきません。まぁ、『3者面談をやった時の先生と生徒と保護者の性格別の対応策』というのも考えられなくはないですが、今まで3つ以上のオブジェクトに対してポリモーフィズムを働かせた実戦経験はありません。ただ、この一般化-マルチディスパッチとかマルチメソッド-というアイデアを頭の隅に置いておくといつか使える日が来るかもしれません。

n体のオブジェクトに対してポリモーフィズムを働かせる。

と考えた場合、『n=0の時はどうなるか?』という考えが湧いてくるでしょう。そうです。n=0の時はメソッドに関係するオブジェクトが無いと考えられます。従来の関数がそれにあたります。
C++は自然に関数が定義できるのですが、JavaやC#は悪名高いpublic staticメソッドを使って関数を定義します。

以上が前回の復習になりますが、さて『関数が必要となる場合』の具体例をあげましょう。こちらもC++のライブラリからになりますが、一般的に以下のようなアルゴリズムの実装はオブジェクトと関係ないということで関数(正確にはテンプレート関数)で実装されています。

・合計値を求める
・ソートを行う
・検索を行う。

JavaやC#のみ知っている方はこの事実に驚かれるかもしれません。が、アルゴリズム+データ構造=プログラムという古典を知っている方なら逆に納得してもらえるかもしれません。つまり、データ構造に対して独立した手続き-アルゴリズムを考えた場合、関数での実装が上手くいくということになります。
それでもまだピンとこない人がいるかもしれません。そういう方はジェネリックプログラミングについて調べてみるのも良いかもしれません。この連載でジェネリックプログラムを扱うのは話が発散するので今は避けますがJavaにしてもC#にしてもジェネリックプログラミングをサポートしていますが、オブジェクト指向プログラミングとは必ずしも相容れるものではありません。

ということで関数(手続き)は、アルゴリズムの実装と相性がいいという話をしました。他には、実はかのstaticおじさんと揶揄されているみながわさんが指摘した、通常の手続きにも関数が使えるという話をします。
さて、みなさんがあるアプリケーションの実装時に、あるURLで指定されたHTMLファイルを取得する必要があった場合、以下の2つのライブラリのうちどれが便利に使えるでしょうか?

関数 gethtml を使う。
URLクラス、URLConnectionクラス、InputStreamクラス、BufferedReaderクラスを使う。

もし、各種クラスを使う方が便利と思うなら、あなたを『オブジェクト指向おじさん』に認定しましょう。
gethtml関数の方が良いのは自明でしょう。もし疑問があるのならコメント欄に質問してください。

さて、次回は変数の共有との関係で関数とメソッドを比べてみます。
2016-04-22 | コメント:0件

コメントをどうぞ


現在コメントは承認制となっております。

Previous Page | Next Page