Windows 11 リリース後のWindows 10 のアップデート

久しぶりのWindowsのニュースですが、今年の年末(ホリデーシーズン)にWindows 11がリリースされるとのことです。
Windows 10(7も)からは無料でアップデートできるらしいですが、ハードウエアの要件が上がったようです。
TPM2.0とUEFIが必須となるとのことです。ちなみにこのハードウェア要件を満たすハードウェアはCPUで言いますとIntelでは第8世代のCorei、AMDではRYZEN 2000シリーズ以降とのことです。

かなり新しいハードウェでないと動作しないようですが、それだけアップデートが進まなくなりますと、過去の例ではそれはそれで問題だったので(もちろんマイクロソフト社さん的に)、条件が緩和されるかもしれません。(適当に書いています)。
現在、手持ちのマシンが初代Corei7と3000,5000シリーズのRYZENで、初代Corei7はUEFIではなくBIOSなのでWindows 11の移行は難しそうです。何れにしても現在11年前のハードウェアが今でも使えるところがある意味すごいことでWindows 10のサポート終了となる2025年にはさすがにCore i7のマシンはご退役頂こうかと思っています。

さて、Windows 11のニュースを聞いてちょっと期待できるのが、『Windows 10の半年ごとのアップデートが終了するのではないか?』なのですが、次回の半期アップデート21H2は出るらしいです。これ以降どうなるか?期待したいところです。
2021-06-29 | コメント:0件



ハイパーバイザが実行されていないため仮想マシンが起動できません。(ページファイルなしも疑え)

かなり久々のWindowsネタですが、ちょっとはまって他に記述がないので書いておきます。
要はタイトル通りなのですが、ページファイルなしのときにHyper-Vがおかしくなるという話です。

Windows Server 2019をセットアップしHyper-Vをインストールして、業務用のソフトが入ったWindows10をゲストとして動かしていたのですが、ある時
『ハイパーバイザが実行されていないため仮想マシンが起動できません。』
と言われててゲストマシンが起動しなくなりました。

BIOSの設定で仮想環境の設定(Intel-VTやらAMDのSVM)をONにする
ハイパーバイザが起動できない「アプリケーションでエラーが発生しました」
やら

BIOSのいわゆるDEPサポート(Intel XD, AMD NXビット)
Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 のエラー: ハイパーバイザーが実行されていないため、仮想マシンを起動できませんでした
を確認したのですがきちんと設定さていました。

で何気に色々チェックをしましたところページファイルをなしにしていました。ので元に戻す(OS管理にする)と無事に起動しました。

2020-12-31 | コメント:0件



Windows 7/ Windows Server 2008 (R2)がサポート期限切れ

久しぶりのブログの更新とあまり深くない技術ネタですが、とうとうWindows7 と Windows Server 2008(R2)のサポートが切れようとしています。

遅ればせながら、ここひと月程作業を行いサーバーの移行がやっと終わったので記念に書いています。2019年中に終わったので何とも言えない感慨深いものがあります。
また、プロジェクトからはもう離れたのですが、私の思い出に残る最大の仕事がこのOSでやったのですがその後がちょっと気になります。
Windows Server 2008 R2ですが、こちらは仕事でよく使いました。個人的には使いやすいOSだったと思います。R2が発売になってあまり間を置かずに購入した覚えがあります。移行のメモもこのブログで書いてあるのですが、日付をみますと約9年にわたって使ったことになります。途中ハードディスクが壊れて2回入れ替えたり電源を交換したことが1回ありましたが、OSの方は元気に動いていました。それまで2003を使っていてIISの設定方法やバックアップの方法が変わったりで戸惑ったことが昨日のことのようですが、この辺りは一度設定すればあまり頻繁に行わないので移行に際してはブログが役に立ちました。

次のサーバーOSはWindows Server 2012 R2ですが、こちらはサポート期限から考えて短命で終わりそうです。実はとっくに2012に移行を済ます予定でしたがガイドの方の仕事に神経を使っていたので期限切れギリギリになりました。

その次のOSはWindows Server 2019かその後継になるかと思いますがどうもWindows 10 系のOSは好きになれないところがあります。半年毎のアップデートは何とかならないかマジで思っているのですが、マイクロソフトさんは方針を変えてくれないでしょうかね。

ちなみに、Windows7の方は早々に移行していました。私の個人のPCは、Hyper-Vを使いたい関係で8 → 8.1 → 10とほぼ間を置かずに移行しました。その他のデスクトップOSは、無料アップデート期間中にWindows10に移行しました。まぁタダには弱かったです。しかし、あの半年のアップデートは辞めてもらえないですかねー。
2019-12-31 | コメント:0件



Windows2008R2 DNSサーバーで逆引きができない(イベントID:5504)

しつこくWindows2008R2ネタですが、覚書ということで、
Windows2008R2に付属のDNSサーバーで、IPアドレスの一部が逆引きができずにイベントビューアーにID:5504が記録されました。また一部で逆引きが通ったりするので厄介でした。 

いろいろ探しましたが、結局以下のページ
Forum FAQ: How to troubleshoot DNS Event 5504 error の4番目の解決策の
 
dnscmd /Config /EnableEDnsProbes 0
 
でOKでした。
ネットを探すと他にも、
DNS event 5504 - server encountered an invalid domain name in a packet というのがあったのですが、このページにあるShilpesh Desai MSFTさんの『Accordig to KB 198410, it should have non-zero value. - KB198410によるとこのレジストリの値を0以外にする。』に対して、Jharris1993さんが
『Huh? Did you read the KB article? (head in hands, shaking head in wonder) - はぁ、ちゃんとKB読んだ?』
『The correct statement is: According to KB-198410, it should have a zero value if the key exists. - 正しくは:KB198410によるとキーが存在するときはこのレジストリの値を0にする。』
とShilpesh Desai MSFTさんをバカにしていますが、私もKBを読みましたが、Shilpesh Desai MSFTさんの説明は、間違いではないでしょう。なぜなら通常はこのレジストリキーは存在せず、その場合、値zeroと解釈されるので、トラブルシュートを行うならzero以外の値にすべきでしょう。もっともそれでトラブルが解決するとも思えなかったのでこの方法は試しませんでしたが・・・
2011-01-28 | コメント:0件



IIS7.5でクラシックASPの拡張子をASP以外にする

さらにWindowsネタが続きますが、まぁ覚書ということで。
IIS6(Windows2003)では、マッピングを追加すれば、クラッシクASP(VBScriptで記述するASP)のファイル拡張子をasp以外(例えばcgiとか)にすることができましたが、Windows2008R2に付属のIIS7.5でかつアプリケーションプールを32ビットで動作させた場合、単純なハンドラの追加以外にちょっとしたひと手間が必要になります。

(1)ハンドラの追加
ハンドラーマッピング『管理ツールから、役割→Webサーバー(IIS)→インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ 』から、『サーバー名→サイト→WEBサイト名』で、右ペイン『(機能ビュー→)ハンドラーマッピング』でASPClassicと同様にハンドラを追加します。
ここまでは普通の手順になります。
 
 
(2)preCondition設定
続いて、同機能ビューから『構成エディタ』を起動します。構成エディタ画面の『セクション→system.webServer/hander』で『コレクション』の行にあるボタンをクリックします。
上のペインで、追加したハンドラを選択し、下のペインにあるpreCondition設定の値を空欄にします(bitness64を削除します)。
 
 
2011-01-27 | コメント:0件
Previous Page | Next Page