OpenBlockS 600

Windows7,2008R2に引き続き、これまた1年越しの作業になりましたが、我がohfuji.nameをホストするマシンをOpenBlockS 600(正確にはOpenBlockS 600D相当)に置き換えました。
 
OpenBlockS 600とは、ぷらっとホーム社さんが製造・販売しているマイクロサーバーで、こちらが製品情報になります。ちなみに2月現在キャンペーンをやっておられます。
 
OpenBlockS 600自体の解説はいろいろな場所で行われているので、そちらにおまかせしますが、特質すべきは、抜群の低消費電力で、私がエコワットで測定した結果は9Wでした。またファンレスでストレージはコンパクトフラッシュを使うので音が出なくてかつ障害に強く、商業利用はもちろん、自宅サーバーとしても重宝するかと思います。
 
OSですが、OpenBlockS 600はSSD Linuxがプリインストールされています。また600DはDebianがプリインストールされています。メモリは1GB積んでいますのでDNSサーバーやメールサーバーとしては申し分ないスペックです。
難点が、CPUにPOWER-PCを使用しているところで、私のようなプログラミングをする人間にとっては開発環境を別途用意しないといけないのと、さらにそのCPUの動作周波数が600MHzとお世辞にも速いと言えないところで、Apacheで静的なページを運用するならともかく動的なページは難があるかと思います。特に普通のサーバーでも重たいWordpressをOpenBlockS 600で運用するのは厳しいかと思います。
 
では、このブログ(Wordpressなんですが・・)はどうしているのかと言いますと、このページはADPで作成したブログビューアーで表示しています。我がADPもOpen BlockS 600Dに移植しまして、このとおり動作しておる次第です。このページを頻繁に訪問される方は気がついておられたかと思いますが、最近Wordpressが重くなっていたので、どげんかせんといかんと思っておったところです。このような厳しい条件を克服するのはソフトウェアエンジニアとしてロマンを感じたりします。
しばらく運用してみてOKであれば、OpenBlockS 600D版のADPと共にブログビューアー(Adp WorPdress bLOG viewer - AWPLOG)のソースを公開しようかと思っております。

2011/06/23 追記:節電の為、自宅サーバー類は仮想マシンとして別のサーバーに集約しましたので、現在このサーバーはOpenBlocks 600D上では動作していません。
2011-02-07 | コメント:0件



Windows2008R2 DNSサーバーで逆引きができない(イベントID:5504)

しつこくWindows2008R2ネタですが、覚書ということで、
Windows2008R2に付属のDNSサーバーで、IPアドレスの一部が逆引きができずにイベントビューアーにID:5504が記録されました。また一部で逆引きが通ったりするので厄介でした。 

いろいろ探しましたが、結局以下のページ
Forum FAQ: How to troubleshoot DNS Event 5504 error の4番目の解決策の
 
dnscmd /Config /EnableEDnsProbes 0
 
でOKでした。
ネットを探すと他にも、
DNS event 5504 - server encountered an invalid domain name in a packet というのがあったのですが、このページにあるShilpesh Desai MSFTさんの『Accordig to KB 198410, it should have non-zero value. - KB198410によるとこのレジストリの値を0以外にする。』に対して、Jharris1993さんが
『Huh? Did you read the KB article? (head in hands, shaking head in wonder) - はぁ、ちゃんとKB読んだ?』
『The correct statement is: According to KB-198410, it should have a zero value if the key exists. - 正しくは:KB198410によるとキーが存在するときはこのレジストリの値を0にする。』
とShilpesh Desai MSFTさんをバカにしていますが、私もKBを読みましたが、Shilpesh Desai MSFTさんの説明は、間違いではないでしょう。なぜなら通常はこのレジストリキーは存在せず、その場合、値zeroと解釈されるので、トラブルシュートを行うならzero以外の値にすべきでしょう。もっともそれでトラブルが解決するとも思えなかったのでこの方法は試しませんでしたが・・・
2011-01-28 | コメント:0件



IIS7.5でクラシックASPの拡張子をASP以外にする

さらにWindowsネタが続きますが、まぁ覚書ということで。
IIS6(Windows2003)では、マッピングを追加すれば、クラッシクASP(VBScriptで記述するASP)のファイル拡張子をasp以外(例えばcgiとか)にすることができましたが、Windows2008R2に付属のIIS7.5でかつアプリケーションプールを32ビットで動作させた場合、単純なハンドラの追加以外にちょっとしたひと手間が必要になります。

(1)ハンドラの追加
ハンドラーマッピング『管理ツールから、役割→Webサーバー(IIS)→インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ 』から、『サーバー名→サイト→WEBサイト名』で、右ペイン『(機能ビュー→)ハンドラーマッピング』でASPClassicと同様にハンドラを追加します。
ここまでは普通の手順になります。
 
 
(2)preCondition設定
続いて、同機能ビューから『構成エディタ』を起動します。構成エディタ画面の『セクション→system.webServer/hander』で『コレクション』の行にあるボタンをクリックします。
上のペインで、追加したハンドラを選択し、下のペインにあるpreCondition設定の値を空欄にします(bitness64を削除します)。
 
 
2011-01-27 | コメント:0件



Windows2008R2ではNTBACKUPでバックアップできないらしい

ここしばらく、Windowsネタが続きますが、サーバー移行の覚書ということで。
Windows2008(R2) では、NTBACKUPからWindows Server Backupというソフトに置き代わり、バックアップの使い方もかなり変わったのですが、昔のNTBACKUPを使いたいとう欲求に駆られるでしょう。私もその一人だったのですが、残念ながらNTBACKUPを使うことができませんでした。
ちなみに、リストアのみでしたらリストア用のNTBACKUPがダウンロードできるので使えます。ただ、R2の方はインストールにはまるかと思います。以下のサイトをご参考に、
NTBackupバックアップファイルをWS2008 & R2で復元  
上記サイトのリンク先Running NT Backup under Windows 7にありましたが、Windows2003からNTBACKUP.EXEを持ってきてNTBACKUPをバックアップとして使う方法を試してみましたが、Windows 2008 R2ではNTBACKUPでバックアップはできないようです。以下試したことを列挙します。
  • Windows 7 64ビット版では動作した(Windows 2003SP2 32ビット版のNTBACKUP使用)。

  • Windows 2008 R2では、「シャドーコピーを使ってバックアップを準備中」で止まる。イベントビューアにVSSのエラーが出力される。

  • Windows 2003SP2 32ビット版のNTBACKUPの場合、イベントID:20(ボリューム シャドウ コピー サービス エラー: ボリューム シャドウ コピー インフラストラクチャをセーフ モードで使用することはできません。)、8193(ボリューム シャドウ コピー サービス エラー: ルーチン CoCreateInstance の呼び出し中に予期しないエラーが発生しました。hr = 0x80040154)が出力される。

  • Windows 2003SP2 64ビット版のNTBACKUPの場合、イベントID:8205(ボリューム シャドウ コピー サービス エラー: IVssCoordinator から IVssShim に QueryInterface を呼び出している最中にエラーが発生しました。hr = 0x80004002。)が出力される。Running NT Backup under Windows 7でも同様のエラーが出た人がいるようで、質問している人がいましたが返答はありませんでした。

  • ダメ元で、http://support.microsoft.com/kb/940032/jaを試してみたが、やはりダメだった。

  • Windows 7 x64でNTBACKUPが動作していたので、Windos 7にインストールしていたアプリ(Visual Stduio 2010、SQL Server 2005、を入れてみたがダメ
 
日本では嵌ったという方がいらっしゃらないようなので報告まで。 
私の場合は、結局NTBACKUPを使うのをあきらめてWindows Server Backupを使うようにしました。
2011-01-26 | コメント:2件



ディレクトリ階層のコピー(Windows xcopy)

Windowsで、特定のディレクトリ以下のファイル・ディレクトリをコピーする場合、xcopyコマンドが使用できます。
以下、xcopyの使用例

■ファイルサーバーの移行

xcopy /S /E /K /O /X コピー元 コピー先

コピー元はUNCでも構いません。
上記のオプションを使用すると、ディレクトリ階層とファイル、およびセキュリティ設定と属性がコピーされます。
追加で以下のオプションを指定してもよいでしょう。
/H 隠しファイル・システムファイルもコピー
/Y 既に存在するファイルを上書き(確認メッセージを表示しない)。
/Q コピーしているファイル名が画面にでません。

■特定のディレクトリ間の簡易同期
ある、ディレクトリと同じ内容にしたい場合向きのコピー

xcopy /Y /D 同期元 同期先

/Dは、日付を比較して、同期元の日付が新しい場合、ファイルをコピーします。
日付が同じ場合はファイルのコピーは行いません。
ので、頻繁にディレクトリの内容が変わらないディレクトリの同期を取る場合に同期の時間の節約になります。
2009-04-24 | コメント:0件
Previous Page | Next Page